空の下を歩く

50代後半会社員兼主婦。早期胃がんの手術を受け胃を3分の2切除しました。

手術

2017年5月17日

本日は手術の日。6時半までOS‐1のみ飲むことが許されている。

朝からなんとなく緊張。でも、昨日執刀医のT先生からとても丁寧な説明を受けたので、もうあとは先生たちにお任せ。腹をくくった。

 8時過ぎに、夫と次女と孫ちゃんが到着。ほどなく、看護師さんのお迎え。

歩いて手術室に向かう。手術室の入り口で、手を振って家族とはいったんお別れ。

さすが大きい病院だけあって、手術室がたくさんある。

 手術室に入ると手術台に寝るように言われる。てきぱきと点滴やバイタルのコードをなどをつけられる。その後、メインイベント。背中に硬膜外麻酔の準備。ああ、痛いんだ…いやだなあ(10年前に子宮筋腫の手術で経験済み)。と思ったが、意外に注射は痛くなく、麻酔の管の挿管へ。これが…今回の手術で一番マズイ、と思ったこと。言ってはなんだが、下手である。挿管をしている医師はもしかしたらあまり慣れていないのか?(とんでもないことだ!)といった感じで、別の医師から「そうじゃない、そうもっともっと」というようなことを言われている。ああ、堪忍してよ。麻酔効かなかったらアウトだよ・・・なんて思っているうちに気が遠くなった。

 

 「なずなさん、終わりましたよ。わかりますか?」と声をかけられて目が覚めた。

瞬間、激痛。「痛い、痛い」と涙が出る。周囲が慌てて、麻酔薬を追加しているようだ。また意識がなくなり、ストレッチャーからエレベーターホールで待機していたベッドに移されたときにまた目が覚めた。その後は半ばもうろうとして、あまりよく覚えていない。

 「4時間59分だって。ほぼ予定通り。一番自然な方法でつなげられたようだよ。リンパ節には(転移が)なかったって。」と夫。次女も後から来た三女も、一様にほっとしている様子。良かった。

 家族はほどなく帰宅。帰り際の夫が頭をなでてくれた。ああ終わったんだなあと少し涙が出た。心配かけてごめんなさい。

その後は朝まで、痛みと闘いながらうつらうつら。半分眠ったような、眠れていないような。背中の麻酔、酸素マスク、点滴、ドレーン、導尿のカテーテル、管だらけ。脚には血栓予防のエアポンプ。身動きが取れない。指先もなかなか動かせない。看護師さんがアイスノンを持ってきてくれて、首の下に入れたら少し眠れた。

「時薬(ときぐすり)だ。がんばれ。いずれは痛くなくなるから」と自分を励ましていた。

 

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

広告を非表示にする