空の下を歩く

50代後半会社員兼主婦。早期胃がんの手術を受け胃を3分の2切除しました。

平穏な一日

 昨日は朝、まさかの雪模様。雪がやんでも冷たい雨が降っていた。

今日は朝から晴れ。リビングの遮光カーテンを開けるとぱっと明るくなる。晴れると気持ちも上向く。我ながら単純だなあと思うけれど、朝のすっきりした日の光を浴びるとやっぱり気持ちがいい。

 こんな時間を持てるようになるとは。普段は通勤のため5時半起きで、夫より早く家を出て、残業すると夫より帰宅が遅くなることもままある。

夫を送り出し、朝日のあたるリビングでゆっくりコーヒーを飲む、時間に追われないそんな暮らしが憧れだったのだけど、それが実現したのが病気のせいだとは皮肉なものだ。

 ともあれ、すべての検査が終わり正式に手術日が決まるまでは、体調管理・体力温存のため有給休暇を消化してのんびりとしている。人手が足りないので、その分会社には迷惑をかけているのだけど。有給を使い切ったら休職。傷病手当で給料は6割支給とのこと。共働きとはいえ、生活が楽なわけではないので、収入減は痛い。いっそう引き締めていかなくては。楽天的な私は家計に関してもわりとのんきにしてしまうので、いまこそ反省の時だ。

ただ、これからかかるであろう高額な医療費については、がん保険に入っていたので、当面なんとかなりそうだ。社会保険の方も、限度額認定申請をしてあるし。

 

 【ブログのこと】

 「にほんブログ村」に登録してみたら、思いのほか訪れてくださる方がいてびっくりしました。お立ち寄りありがとうございます。

胃がん」で検索してくださった方には情報がなくてごめんなさい。まだまだこれからです。

こちらからもいろいろな方のブログ(胃がんだけでなく)を読んでいます。共感したり、驚いたり、なるほどと思ったり、考えさせられたり。更新が待ち遠しかったりします。ちょっと世界が広がったような気持ちでいるこの頃です。

 

 


にほんブログ村