空の下を歩く

50代後半会社員兼主婦。早期胃がんの手術を受け胃を3分の2切除しました。

入院13日目

 本日は入院して13日目。外は明るい土曜日。

手術は無事完了して、元気でおります。

経過順調、本当なら今日あたりめでたく退院!のはずが・・・(´・ω・`)

手術の合併症で肺動脈に血栓が見つかり、点滴治療のためもうしばらく病院にとどまることなりました。がんの手術そのものはうまくいったようで、見える範囲のリンパ節にも転移はみつからず良かった良かったなのでしたが。

 まさか入院中にブログ更新とは。個室なので、念のためパソコンを持ち込んだのだけど役に立ってしまった。これから少しずつ、日付をさかのぼって書いていくことにします。

 

 今日は午前中に主治医の先生から、術後の経過と結果、血栓についての説明。夫とともに聞く。大変丁寧に説明してくださって、よくわかり、あきらめもついた。(なんといっても、もう退院間近と聞かされていたから、昨日おとといはものすごく落ち込んでいたのだ・・・)

 夫が帰ったあと、シャワーしてすっきり。きもちもようやく落ち着いた。

 午後はデクスターの『ジェリコ街の女』読了。久しぶりに文庫をきちんと読んだ。最近はkindleばかりだったけれど、やっぱり紙の本の方が、目には楽かな。

夫が小学生の孫ちゃんからの手紙を持ってきてくれた。嬉しい (^^♪

 

 食事は、全粥と野菜の煮物、魚の煮つけなど、基本的に和食中心。たまにクリームシチューなど洋風なものが出る。それにおやつが添えられて、一日6食。おやつは昨日あたりからビスコやおせんべいが出るようになったので嬉しい。食事で出される量は手術前の半分くらい。胃が3分の1になってしまったのだから、当然だね。

食べたい!という気持ちが戻ってきたから、これからますます回復していくのではないかしら。調子に乗って食べ過ぎないようにしないと。

  今朝体重を測ったら、術前より2キロしか減っていなかった。これからまた徐々に減っていくのかな。いい加減太り過ぎなので減らさなくてはいけないところなのでちょうどいいけれど。適正体重で健康になっていきたいものです。

 

 

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ

にほんブログ村


にほんブログ村

手術後1日目

 痛い。ひたすら痛い。熱は37度8分。当然、絶飲食。

あの、うまくいかなかった(らしい)硬膜外麻酔のせいかも、と恨めしく思う。昼間、麻酔科の女医の人が来て、さかんに「おかしい、おかしい(ちゃんとやったはずなのに)」と言っていた。おかしいと言うだけなら、なんの解決にもならない。

主治医(執刀医のT先生)に、痛みのことを伝えると、点滴に切り替えよう、と言ってくだった。午後になり、背中の麻酔の管を抜いて、腕からの点滴に切り替え。ようやく痛みが軽くなってきた。

 術後は早期離床が大事、とのことで看護師さんに支えられ、ベッドから立ってみる。痛い。体に力が入らない。でも、看護師さんはスパルタ(愛の鞭w)。数歩歩いて病室の外へ。そこでギブアップ。歩かないと癒着するから、頑張らなくては。

 

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

手術

2017年5月17日

本日は手術の日。6時半までOS‐1のみ飲むことが許されている。

朝からなんとなく緊張。でも、昨日執刀医のT先生からとても丁寧な説明を受けたので、もうあとは先生たちにお任せ。腹をくくった。

 8時過ぎに、夫と次女と孫ちゃんが到着。ほどなく、看護師さんのお迎え。

歩いて手術室に向かう。手術室の入り口で、手を振って家族とはいったんお別れ。

さすが大きい病院だけあって、手術室がたくさんある。

 手術室に入ると手術台に寝るように言われる。てきぱきと点滴やバイタルのコードをなどをつけられる。その後、メインイベント。背中に硬膜外麻酔の準備。ああ、痛いんだ…いやだなあ(10年前に子宮筋腫の手術で経験済み)。と思ったが、意外に注射は痛くなく、麻酔の管の挿管へ。これが…今回の手術で一番マズイ、と思ったこと。言ってはなんだが、下手である。挿管をしている医師はもしかしたらあまり慣れていないのか?(とんでもないことだ!)といった感じで、別の医師から「そうじゃない、そうもっともっと」というようなことを言われている。ああ、堪忍してよ。麻酔効かなかったらアウトだよ・・・なんて思っているうちに気が遠くなった。

 

 「なずなさん、終わりましたよ。わかりますか?」と声をかけられて目が覚めた。

瞬間、激痛。「痛い、痛い」と涙が出る。周囲が慌てて、麻酔薬を追加しているようだ。また意識がなくなり、ストレッチャーからエレベーターホールで待機していたベッドに移されたときにまた目が覚めた。その後は半ばもうろうとして、あまりよく覚えていない。

 「4時間59分だって。ほぼ予定通り。一番自然な方法でつなげられたようだよ。リンパ節には(転移が)なかったって。」と夫。次女も後から来た三女も、一様にほっとしている様子。良かった。

 家族はほどなく帰宅。帰り際の夫が頭をなでてくれた。ああ終わったんだなあと少し涙が出た。心配かけてごめんなさい。

その後は朝まで、痛みと闘いながらうつらうつら。半分眠ったような、眠れていないような。背中の麻酔、酸素マスク、点滴、ドレーン、導尿のカテーテル、管だらけ。脚には血栓予防のエアポンプ。身動きが取れない。指先もなかなか動かせない。看護師さんがアイスノンを持ってきてくれて、首の下に入れたら少し眠れた。

「時薬(ときぐすり)だ。がんばれ。いずれは痛くなくなるから」と自分を励ましていた。

 

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

入院

 予定通り、本日入院。

昨日、良いことがあったので、気持ちも切り替わったようです。それほど不安もありません。もうなるようにしかならないでしょう。

 10時に病院に来てから、病棟に行き、入れ替わり立ちかわり、種々の担当の方が病室に見えて、説明や同意書へのサイン。まあ、細かく分かれているものだなあ、と感心してしまうほど。

 初の病院食は普通食なので、チキンライスとサラダ。しっかり完食。おいしくいただきました。

午後の説明まで時間があったので、下のカフェに行って、夫とコーヒーを飲みました。ついでにケーキも。当分食べられないし。

用事が済み、夫が帰ってしまったので、暇を持て余す感じです。もちこんだパソコンをつないで記事を書いています。個室なのでのんびりです。(ずっと昔に入っていたがん保険の特約が役にたちました)

 さて、晩御飯は何かなあ。


にほんブログ村


にほんブログ村

結婚式

 今日は末っ子の結婚式でした。

アットホームな良いお式と披露宴でした。離れて住んでいる子供たちと孫ちゃんたちにも会えたし、うれしい一日でした。

とても良い会場でスタッフの皆さんがきちんとプロの仕事をしてくださって、気持ちよくすべてが進行しました。ヘアセットと留袖の着付けも、今までで一番満足できるもので、我ながらちょっと素敵♪ などと思ったりしました。もちろん娘はとてもきれいな花嫁でした(親ばかですが、こんな日くらいはご容赦を)。

 さて、明日から入院です。今日の晴れの日から一転、頑張る期間となります。

がんばります!

 

美味しいお料理でした。当分食べ収め。

 


にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 胃がんへ
にほんブログ村

旅の記憶 スペインの空

 身動きの取れない今、旅の思い出で気を紛らわせています。手術前なので、まだ痛みも不便もつらさもなく、気持ちと体調を平静に保つだけが仕事のようです。きっとこんな風にのんびりとしていられるのはあとほんの少しなのでしょう。

 

 スペインに行きたいです。過去、2回行きました。2012年と昨年秋です。夫が仕事で、何度か行っていたので、是非一緒に行こうと。一回目は定番のマドリードバルセロナ、ちょっと足を伸ばしてジローナ(カタルーニャの都市)。もう初回でノックダウンです。スペインに魅了されてしまいました。街の雰囲気、美味しい食べ物、音楽、気さくな人々。

 二回目のスペインは昨年秋、アンダルシア地方に絞って。旅程もフライトもホテルも列車・バスも、観光地の予約チケットもすべて自分でやりました。楽しかった!下調べから予約の過程まですべて楽しかったです。個人手配の旅は高そう、と思われるかもしれませんが、結果的に一般的なツアーとあまり変わらない予算で行くことができました。フライトの予約がかなり早かったので割引チケットが取れたことと、ホテルをよくよく選んだので、リーズナブルに行けたのだと思います。もちろん、現地ガイドも添乗員もなしです。気ままに歩き回るほうが好きなので。スペイン語が話せなくても、観光地やホテルではおおむね英語が通じますし、文字に書いて知らせることもできます。

 アンダルシアは、とにかく空がきれいでした。あの青色はなんと言ったらいいのかしら。また、あの空を見にいつか出かけて行きたいものです。そのためには、しっかり体を治すこと、がんばるぞ(&節約して資金作りですね)。

 

セビーリャ ヒラルダの塔

f:id:mothergoose3634:20170512114504j:plain

 

コルドバの街角

f:id:mothergoose3634:20170512114710j:plain

 

グラナダ アルハンブラ宮殿

f:id:mothergoose3634:20170512114817j:plain

 

 

 


にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

放置?それとも

 一週間後に手術を予定されている一患者として。

がんは切るな。放置しろ。抗がん剤は「毒」だ。

そういう主張の医師がいることは承知している。

でも、私は躊躇なく手術を選んだ。「標準治療」というものを信じているからだ。

まったくの素人だから、それを素直に受け入れた。今まで積み重ねられた経験と実績から引き出された結果だと思っているから。

かの医師によれば、「早期胃がんも切るな。放置しろ」ということだそうである。

では、切らないでいたらどうなるのか。切ってからの余命と、切らずにいる状態での余命をどうやって比較するというのか。

あまりに無責任ではないか。

私は、手術を選択した。切って、回復する。がんばる。 

 


にほんブログ村


にほんブログ村